スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ舌!? いえいえ、地図状舌でございます。

今回の記事は短いものになりますが、以前自分が経験した症状について少しだけ書いてみようと思います。
というのも、2020年にコロナ禍が始まってすぐの頃にテレビを見ていたら、
「コロナの後遺症」として舌に出現するある症状が紹介されていたのです。
それと全く同じ症状をユキネコは2014年頃に経験していたため、「これはコロナ関係ないぞ!」と思ったのです。
テレビでは「コロナ舌」などと命名していましたが、半分嘘でございます。
きちんと調べもせずに報道するマスメディアには反省してもらいたいものです。
コロナ舌として報道されていたものは、「地図状舌」と言われるものでした。
その名の通り、舌にまるで地図の様な模様が出現する症状です。

適当に作成した画像ですがこんな感じ。舌に地図の様な模様が出現してしまいます。
大変お見苦しく汚い画像になってしまうのですが、自分が罹患した時の写真がありますので掲載します。

地図状舌 写真
地図状舌 これは比較的ましな時。もっと強烈に出る事もあります。

こんな感じです。気持ち悪いですよね。下に白い変なものが出現してしまうのです。
これは歯ブラシで磨いたりしても取れません。舌の細胞そのものが変化しているのです。
細胞が肥大している様な場所もあったりして、ビジュアル的に結構強烈なので初めての時は恐いです。
あまり痛くはありませんが、少々ヒリヒリとした感覚があります。
もちろんこれが出現した時に驚いてすぐに口腔外科へ行ったのですが、これが難しい。
というのも、この症状は朝に出ていたかと思ったら午後には消えていたりするのです。
症状が酷い時に病院へ行ければ良いのですがそれが難しく、口内炎と診断されてしまうケースが非常に多い。
ユキネコは自分で調べまくり、これが地図状舌という症状だと分かりました。
結論から言えば、原因は不明です。 _(┐「ε:)_ズコー
原因が不明だから薬もない。いつ治るのかも分からない。
ずっと続く人もいればすぐに収まる人もいる。
ですがいくつか特徴があります。


・ストレスが多い生活で発症しやすい
・食事がかなり症状に影響する
・酸化した油などに舌が強く反応する


この様な特徴があります。
ユキネコが罹患した2014年頃は確かに非常に疲れ悩んでいて、ストレスが多かった時期でした。
一度この症状が出るとなかなか治りません。
そして食後に出やすいのですが、食事内容によって症状の強さが変わりました。
簡単に言えば、食品添加物が多いコンビニの弁当や、酸化した油などを多く含むスーパーの総菜などに過敏に反応しました。
例えばスーパーで売っている串揚げセットなどを食べると、舌がヒリヒリと痛み、地図状舌が出現します。
強く反応する時は、地図模様が出るだけではなく舌がボコボコに腫れてしまいました。
揚げ物を食べるのが少し怖かった時期もあります。
日頃の食事が悪いのではないか?などと悩みました。
しかし食事を改善し、玄米食などにしても改善せず。
一時は玄米アレルギーなのかと勘違いしてしまった事も。。
口腔外科では「口腔内を清潔に保つように」とアドバイスされましたが、
ユキネコは子供の頃から虫歯一つ無く、歯周病も発症していないので口腔内は比較的清潔だったと思います。
ですから口腔内の状態よりも、体調の全体的な変化からくる症状だと思われます。
地図状舌が出ている時は舌が過敏に反応するので、口腔内洗浄をしようとして洗口液などでうがいをすると痛くて逆効果でした
この時期に行った人間ドックでも異常な数値や病気などは見つからず、地図状舌の原因は不明なままでした。

出来るだけ悪い油などは取らない様に気を付けて生活をしているうちに、段々と症状が出ない日が続き、
ついに全く症状が出なくなりました。そこまで、2年くらいかかったと思います。
症状が治まった後は、悪い油の多い食事をしても全く出現しなくなりました。

ユキネコは2年ほど地図状舌に悩んだ経験から、自分なりにこの症状の原因をこう推測します。
おそらく、体に何らかのストレスがかかることによって起こる、アレルギーや自己免疫疾患の一種。
ストレスには色々あります。メンタルのストレスもあれば過労などの肉体的ストレス、睡眠不足、
薬や飲酒、ウイルス感染などによって受ける免疫のストレスなどなど。。
そう、これはユキネコの仮説ですが、地図状舌というのは人体の免疫バランスが崩れた時に起こる自己免疫疾患なのです。
だから、新型コロナウイルスの感染によって免疫システムが過剰なストレスを受け、
バランスを崩した結果、地図状舌が出現する事は大いに考えられます。
そういう意味ではコロナ舌という言い方も完全に間違ってはいないのですが、
おそらくコロナ以外のウイルス感染などによって発症する事もあるのではないかと思います。
ヒトパピローマウイルス、サイトメガロウイルス、EBウイルス、ヘルペスウイルス、あるいは原虫のトキソプラズマなど、
人類の過半数以上が感染していて、長期間かけて免疫に影響を与えてしまうウイルスや細菌・原虫は多くあります。
そういったものの感染などがきっかけになる事もあるのかもしれません。
(EBウイルスはキス病などとも言われ、簡単に感染してしまいます)
いずれにしても、何らかのストレス性免疫疾患が地図状舌なのだと思います。
ですが地図状舌に悩んでいる皆さん、安心してください。
地図状舌自体は放置していても問題ない疾患です。また、放っておけば治る事も多い。
地図状舌が癌へ進行する事もありませんし、癌になりやすいという事もありません。

ただ、気になる口内炎などが悪い病気の事もあるので、地図状舌が出現した人は一度は口腔外科で診てもらってくださいね。
まあそんな、おそらく地図状舌を経験していない人にはクソ面白くも無い記事でした。
でも症状持っている人にはこういう記事って役に立つんです!(と、思いたいw)
ネットでは症状の質問は多くても、その後の結果などを報告しない人が多いので、ブログに症状や経過を書くのは結構有益だと思うんですよね。

まあ今回の記事はそんなこんなで、、

それではみなさん、ごきげんよう (*‘∀‘)/

コメント